「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)
トップ > 大学紹介 > 個人情報の取り扱い

個人情報の取り扱い

 青森県立保健大学では、「青森県個人情報保護条例」に基づき、本学が取得した個人情報については、個人の権利を尊重し、適切に取り扱います。

 

1.個人情報とは

 個人情報とは、氏名、生年月日、健康状態、成績、学歴、職業等に関する情報で、特定の個人を識別できる情報をいい、コンピュータなどにおいて体系化された個人データを含みます。
 本学で取り扱う個人情報には、学生・教職員に関するもののほか、実習や研究及び大学が実施する事業・行事において取得する学生・教職員以外の方の情報があります。
 

2.利用目的の登録

 個人情報を取り扱う事務の名称、利用目的は、「個人情報取扱事務登録簿」に登録します。登録簿は、事務局に備え付けていますので、閲覧できます。

 

3.保有の制限・廃棄

 個人情報を保有するに当たっては、利用目的を特定し、その利用目的の達成に必要な範囲内で保有します。また、利用目的達成後は適切な方法により廃棄します。

 

4.取得の制限

 個人情報を取得するときは、適正かつ公正な手段で、原則として本人から取得します。
 教員又は学生から個人情報を取得する際は、採用時又は入学時に同意を得た上で、取得します。

 

5.利用及び提供の制限

 本学が保有する個人情報(以下「保有個人情報」といいます)は、原則として、利用目的以外に利用したり、提供したりすることはありません。

 

6.安全性及び正確性の確保等

 保有個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止、その他の保有個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じ、安全性及び正確性の確保に努めます。
 保有個人情報は取扱責任者及び取り扱う者の範囲を決定し管理します。
 大学がデータの加工を外部へ依頼する場合は、契約書の中に個人情報保護の条項を加えて締結するなど適切な方法を用います。また、教員等が依頼をする場合にも同様の取り扱いをするよう周知します。

 

7. 学生への指導

 学生が実習施設で個人情報を収集する場合は、その実習施設が定める個人情報保護の取り扱いに従い、適切に取り扱うよう十分な指導を行います。

 

8.情報の開示

 本学の個人情報は自分自身に関する保有個人情報について、開示請求をすることができます。開示請求できるのは、保有個人情報の本人又はその法定代理人です。
 ただし、法律上提供すべき義務を負う場合や学生・教職員の生命・身体等の権利利益を保護するために大学が必要と判断した場合には、例外的に個人情報を提供することがあります。
 あらかじめご了承下さい。

 

9. その他

 開示請求の方法、訂正請求等については、県庁ホームページでも案内しています。