「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)
トップ > 大学紹介 > 採用情報 > 看護学科 准教授、講師又は助教(母性看護学)募集

看護学科 准教授、講師又は助教(母性看護学)募集

公立大学法人青森県立保健大学教員(准教授、講師又は助教 母性看護学)募集要項

 

 公立大学法人青森県立保健大学では、下記により看護学科教員を公募いたします。看護教育に熱意を持ち、かつ、研究熱心な方の応募をお待ちしています。

 


1 職名及び人員:准教授、講師又は助教 1名
2 所属:青森県立保健大学 健康科学部 看護学科
3 担当科目

<准教授>
【学 部】「母性看護概論」「母性看護援助論」「発達援助実習(母性看護)Ⅰ・Ⅱ」
      「助産学実習」「助産診断・技術学(妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期)」
      「周産期医学Ⅰ・Ⅱ」「卒業研究」
      人間総合科学演習を含む人間総合科学科目
【大学院】「対人ケアマネジメント領域:周産母子看護学論文コース関連科目、CNSコース
      関連科目」「特別研究」「課題研究」
 

<講師又は助教>
      「母性看護概論」「母性看護援助論」「発達援助実習(母性看護)Ⅰ・Ⅱ」「助産学実習」
      「助産診断・技術学(妊娠期・分娩期・産褥期・新生児期)」「周産期医学Ⅰ・Ⅱ」
      「卒業研究」
      人間総合科学演習を含む人間総合科学科目
4 採用予定日:平成30年4月1日(着任時期については相談に応じます。)
5 応募資格:
 <准教授>
   (1)看護師及び助産師免許を有する者
   (2)修士以上の学位を有する者
   (3)平成30年3月31日現在、母性看護・助産の臨床経験が5年以上、又はこれに準ずると認められる経験を有し、

     かつ、大学院を修了し、大学で5年以上の教育経験を有する者
  <講師又は助教>
   (1)看護師及び助産師免許を有する者
   (2)修士以上の学位を有する者
   (3)平成30年3月31日現在、母性看護・助産の臨床経験が4年以上、又はこれに準ずると認められる経験を有する者
6 提出書類等:
   (1)個人調書(別添様式第1号)
   (2)教育研究業績書(別添様式第2号)
    (①著書、学術論文等の名称、②単著・共著の別、③発行又は発表の年月、④発行所、発表雑誌又は発表学会等の名称、

     ⑤概要:研究業績ごとに内容を200字程度で記入のこと。)
   (3)最近5年の代表的な論文 3編~5編 助教の場合は1編
   (4)本学へ就職を希望する理由について、800字程度で記入のこと
 【留意事項】
  上記書類作成にあたっては、別添「個人調書及び教育研究業績書記入上の注意」を参照してください。

  なお、提出書類等は、返却いたしませんのでご了承ください。
  また、郵送の際は必ず書留とし、封筒に「看護学科母性看護学教員(教授又は准教授)応募書類在中」と朱書きしてください。
7 応募締め切り日:平成29年9月15日(金)(必着)
8 選考:選考は、書類及び面接等により行います。
9 勤務条件等:
  (1)勤務 公立大学法人職員(非公務員)として採用
  (2)給与 公立大学法人における就業規則及び給与規程に基づく給料及び手当を支給
  (3)就労 裁量労働制を適用
  (4)任期 5年の任期付き採用(再任回数制限なし)
  (5)定年 65歳
10 書類提出先及び問い合わせ先:
   〒030-8505 青森市大字浜館字間瀬58-1
   公立大学法人青森県立保健大学 事務局総務課教員採用担当 寺田
   電話 017-765-4070
   FAX  017-765-2188
   URL http://www.auhw.ac.jp/

 

関連ファイルダウンロード

 

個人調書(Word)ワードファイル(41KB)

 

教育研究業績書(Word)ワードファイル(38KB)

 

記入上の注意(PDF)PDFファイル(14KB)