キャリア開発センター及びヘルスプロモーション戦略研究センターにおける各ポリシーについて

 

 <地域や社会に貢献できる大学を目指して>

 

 公立大学法人青森県立保健大学は、青森県の保健、医療及び福祉に係る諸課題の解決に向けて、創造性と自然に恵まれた地域特性を生かした教育研究活動を進め、ヒューマンケアを実践できる人間性豊かな人材を育成し、地域に開かれた大学として社会に貢献することを目指しています。

 その理念と使命並びに中期目標を踏まえて、本学では令和2年度からキャリア開発センター及びヘルスプロモーション戦略研究センターを新たに設置しました。両センターでは、教育・キャリア開発、研究、地域連携、国際交流等に、真摯に、そして創造的、自律的に取り組んで参ります。その推進に向けて、今般、キャリア開発ポリシー、地域連携ポリシー、国際交流ポリシー、並びに知的財産ポリシーを策定しました。

 

・キャリア開発ポリシーは、学生及び地域の保健医療福祉人材のキャリア開発・生涯学習支援における基本的な考え方を定める。→キャリア開発ポリシーはこちらPDFファイル(709KB)

 

・地域連携ポリシーは、住民、地域活動組織、事業者、自治体等、多様な主体との連携・協働における基本的な考え方を定める。→地域連携ポリシーはこちらPDFファイル(709KB)

 

・国際交流ポリシーは、国際的な視点を踏まえて、多文化共生である社会の多様性に応えられる人材の育成等を目指した活動における基本的な考え方を定める。→国際ポリシーはこちらPDFファイル(708KB)

 

・知的財産ポリシーは、本学の研究等により得られる知的財産の創造と活用、社会への還元、並びに知的財産に係る産学官民の連携における基本的な考え方を定める。→知的財産ポリシーはこちらPDFファイル(707KB)

 

両センターでは、様々な連携の下で、これらのポリシーに沿った活動を行っていきます。

 

 

                               令和 2年6月1日

 

                               公立大学法人青森県立保健大学

                               キャリア開発センター長

                               ヘルスプロモーション戦略研究センター長