学科長あいさつ

地域住民の健康に寄与する理学療法士の育成を目指します

理学療法士は、主に運動機能が低下した人々の健康を支援するほか、運動や動作指導の専門性を生かした福祉用具の適用相談なども行う医療の専門職です。本学科では、将来医療・保健・福祉の領域で活躍できる理学療法士を目指すために、豊かな教養や最新の医学、理学療法学の理論及び技術を学ぶことが出来るカリキュラムが準備されています。また、学年担任制をとっており、教育経験豊富な担当教員が学生の様々な相談に親身に応じており、学生生活支援にも力を入れています。さらに、理学療法についての臨床能力を高めるために、教材開発、演習形式の授業の展開、臨床実習の充実などの取り組みも実施し、効果を挙げています。このように本学科では、学生が将来理学療法士として、地域でヒューマンケアに根ざした理学療法を展開できるよう情熱的に指導するほか、卒業後の研究活動を支援する大学院教育も充実させています。

理学療法学科長
岩月 宏泰 教授

名古屋市出身。理学療法士、博士(医学)
研究分野は運動生理学。

ページの先頭へ

ホームへ戻る