ダイバシティの推進

 県内の施設や企業が、多様性(ダイバシティ)を尊重した職場づくりを通して人材獲得と育成ができるよう支援を行い、本学卒業生をはじめとする保健、医療および福祉で中核的役割を果たすことのできる人材が、県内で活躍・定着することを推進します。 

 

 

・多様性のある働き方に関する研修会(令和4年3月23日)

キャリア開発センターFD研修会として、本学の教職員を対象に、本学がこれまで多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりを推進するために取り組んできた事業について、また本学における多様性を尊重した働き方への支援について知り、考えて頂くことを目的としてオンラインで開催しました。

 

(日時)令和4年3月23日(水)14時30分~15時30分
(内容)
1「ワークライフバランスの推進について」
  看護学科 准教授 村上 眞須美

2「本学学生キャリア開発科(COC+)における多様性のある働き方を推進する事業展開について」
  学生キャリア開発科 科長 小山内 豊彦

3「本学における多様性のある働き方の推進について~主に妊娠、出産、子育てへの支援内容の変更~」
  経営企画室 副参事 小寺 隆子

 

 

これまでの取り組み

学生と企業人の本音トーク2(令和4年1月22日)

 

あおもり再考~学生と企業人の本音トーク(令和3年1月24日)

・「多様性(ダイバシティ)のある職場づくりのための実践セミナー」(令和元年11月22日)
  [ジョシキャリサイト/採用力向上を目指す企業の方へ]でご覧いただけます。

 

「多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりのための実践セミナー」(平成30年11月27日)