「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)
トップ > 大学紹介 > 教育環境

教育環境

大学施設

 

 青森県立保健大学のキャンパスは、我が国を代表する建築家のひとりである故黒川紀章氏が「未来への指向性と歴史、伝統との共生」という基本テーマのもとに、宇宙船、ねぶた祭、縄文などさまざまなイメージにより設計したものです。

屋上トップライト

・ 管理・図書館棟は、全体を統括する色として、無彩色で引き締まった感じのする黒(すみいろ、墨色)
・ 教育研究A棟(看護系教室棟)は、看護師養成という性格上、血液をシンボライズした赤(しょうじょうひ、猩猩緋)
・ 教育研究B棟(理学療法系・社会福祉系教室棟)は、安全色、やすらぎや憩いの色である緑(ときわみどり、常磐緑)

 

管理・図書館棟

管理・図書館棟

教育研究A棟

教育研究A棟

教育研究B棟

教育研究B棟

 

管理・図書館棟
管理・図書館棟管理・図書館棟
事務局や図書館などから構成される管理図書館棟。充実した設備で授業のほか、学生のコミュニケーションの場としても役立ちます。
附属書館棟
附属書館棟
看護・医療・福祉系の資料を中心とした専門図書館棟。
貸出冊数は無制限、閉館時間は夜9時まで、9台のコンピュータによる蔵書・文献検索ができるほか、ビデオ、CD-ROMを利用できます。
教育研究A棟
教育研究A棟 教育研究A棟 情報処理教室
教育研究A棟

教室や各科目の専門施設など、また教員の研究室などが配置されています。

看護学科
 
基礎・成人看護実習室 A棟306
基礎・成人看護実習室 A棟306
看護をする上で基礎となる基礎看護技術(食事等の日常生活援助技術や検査・治療等の診療の援助技術)や臨床看護技術を学ぶ実習室です。様々な機能を持つベッドを25台備えています。
母性・小児看護実習室 A棟302
母性・小児看護実習室 A棟302
お産の時の母子のケアを演習したり、赤ちゃんの沐浴(お風呂の入れ方)やお世話の仕方を練習したりする実習室。
未熟児のケアや集中的なケアの演習も行います。
地域・老人看護実習室 A棟301
地域・老人看護実習室 A棟301
病院ではなく、地域で普通に生活している寝たきりの高齢者や障害のある方のお世話をするのに必要な援助を学ぶための実習を行います。
教育研究B棟
教育研究B棟
教室や各科目の専門施設など、また教員の研究室などが配置されています。

理学療法学科
 
三次元動作解析装置
三次元動作解析装置 B棟301
人間のさまざまな動きを計測・解析する装置です。関節に付けられた目印の動きを、複数のカメラで追跡し、コンピュータ上で動作を再現します。動作範囲などを把握することができます。
日常動作学実習室
日常動作学実習室 B棟309
病気やけがで、日常生活に必要な動作が不自由になった方に対して、理学療法士としての援助方法を実習します。さまざまな家庭環境を再現する設備や種々の福祉用具が整っています。
運動学実習室
運動学実習室 B棟301
人が歩いたり立ち上がるなどの日常的な動作をしている時に、身体にどのような運動学的現象が起きているのかを学ぶための実習を行います。

社会福祉学科
 
社会福祉実習指導室
社会福祉実習指導室 B棟204
社会福祉学科のすべての実習科目で用いる教室です。ここには社会福祉学科の実習先に関する資料や先輩たちが残していった実習報告書などが整理されていて、実習の事前・事後学習の場となっています。
運動療法室
運動療法室 B棟209
レクリエーション活動援助法や各種の実習などで、実際に身体を動かしたり、写真のように車イスに触れる学習場面などにしばしば使われる教室です。その他、オープンキャンパスなどでも大活躍します。
実習相談室
実習相談室 B棟215
写真のベッドを使って、介護をしたり、介護される体験を行い、介護や援助そのものについて学ぶ演習などに用いています。その他、ベッドサイドでの相談演習や体験実習などに用いる教室です。
教育研究C棟
教育研究C棟

栄養学科
 
臨床栄養実習室
調理実習室 A棟303
管理栄養士として必要な調理法や食品材料の基礎などを実践的に学ぶための施設。広々とした実習室内には、調理台とともに最新の調理機器や器具を備えています。
給食経営管理実習室
給食経営管理実習室 C棟1F
100食以上の給食に対応できる設備で、調理や配膳、洗浄など工程別に能率良く作業できるようにレイアウト。 HACCP(危害分析重要管理点)方式を導入し、衛生面も万全です。
栄養教育実習室 B棟206
栄養教育実習室 B棟206
健康・栄養教育に関する理論と方法を学習するための視聴覚機器やパソコンなどを完備しています。
交流センター(食堂)
交流センター(食堂)交流センター(食堂)
学生の食堂としてだけでなく、休憩やコミュニケーションの場として広く利用されています。
入り口には、売店もあります。
講堂
講堂講堂
482人収容のホールは入学式や後援会など学内行事はもちろん、地域住民を対象としたイベントなどにも利用されています。
体育館
体育館体育館
学生たちの体力増進、健康維持・管理に利用されています。
2階のトレーニング室には、バイクやランニングマシン、筋肉マシンなどの最新の機器を完備しています。
多目的グラウンド
多目的グラウンド
多目的グラウンド
多目的グラウンド
モニュメント

  

交通アクセス

所在地

 

青森市まで

JR/東京駅〜新青森駅まで約3時間半(東北新幹線「はやて」「はやぶさ」)

飛行機/札幌便(45min)、東京便(75min)、大阪便(90min)


 

大学まで

青森駅から約7㎞、新青森駅から約11㎞

鉄道
新青森駅から青森駅を経由し(奥羽本線)、青い森鉄道八戸方面行きで東青森駅または小柳駅で下車。
いずれも大学まで徒歩約10分(約1㎞)。

バス(青森市営バス)
新青森駅南口から東部営業所方面行きで青森駅前バス停で下車(約15分)。

時刻表はコチラ(外部リンク)


青森駅前バス停から戸山団地・沢山線(明の星高校経由に限る)で県立保健大学バス停まで(約20分)
時刻表はコチラ(外部リンク)

車/タクシー
青森駅から約20分、新青森駅から約25分
青森自動車道(青森中央IC)から約15分
青森空港から約30分

 

 

青森の四季

一年を通して青森の四季を楽しみながら学生生活をEnjoy!できます。

青森の四季

青森の四季について、詳しくはこちら