学科長あいさつ

社会に貢献できるソーシャルワーカーを目指して

日本は人口減少社会を迎えた中で、近年、少子高齢化の進行、人口の地域偏在化、所得格差の拡大等の課題を抱えています。このような状況に適応した社会システムづくりが求められており、社会保障制度の見直しをはじめ、社会福祉の充実が益々必要となっています。


現在、社会福祉の専門職である社会福祉士と精神保健福祉士の重要性が増しています。これらの専門家はソーシャルワーカーとよばれ、児童や高齢者、障害者等を対象として、福祉施設や事業所、医療機関、社会福祉協議会、行政機関、刑務所、保護観察所等様々な場所で活躍しています。


本学の社会福祉学科では、実践力のあるソーシャルワーカーの養成に力を入れています。支援を必要としている人とその人を取り巻く環境に着目し、ミクロからマクロな領域の知見を踏まえながら、個人への働きかけのみならず施策への働きかけまでを実践的に学びます。国家試験の合格率もトップクラスを維持し、卒業生の多くが社会福祉、医療の実践現場で活躍しています。本学では、卒業後に専門性を高め、研究を深める大学院も設置しています。


社会問題に挑戦し、その解決に向け、社会に貢献できるソーシャルワーカーを目指して、ともに学びませんか。

 

社会福祉学科長
大山 博史 教授

神奈川県出身。精神科医。立命館大学産業社会学部を経て、現職。研究分野は精神保健福祉、自殺予防。
国際自殺予防連盟の高齢者自殺InternationalResearch Groupメンバー。

ページの先頭へ

ホームへ戻る