「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)
トップ > 学生生活 > 授業料・減免

授業料・減免

(1)納入額及び納入期限
区分 納入額 納入期限
前期 267,900円 4月30日
後期 267,900円 10月31日

 

(注)在学中に授業料が改定された場合には、改定後の授業料となります。 なお、その期の初日(前期であれば4月1日、後期であれば10月1日)に在学している学生はその期の授業料を全額納付することとなります。

 

(2)納入方法

 毎年4月中旬及び10月中旬に納入通知書を学生本人宛てに送付しますので、この納入通知書により最寄りの金融機関で納入してください。
 なお、納入の際の振込手数料は、学生の自己負担となります。
 また、各期ごとの納入期限に遅れないように注意してください。


 

(3)授業料の免除等

 「入学する日の前1年以降において学費負担者の死亡等があった」、「入学する日の前1年以降において学費負担者が天災、火災等その他の災害を受けた」等、経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業が優秀であると認められる者、その他特に必要があると認められる者については、授業料の全部若しくは一部を免除し、又は徴収を猶予する制度があります。
 詳しくは、教務学生課に相談してください。

1.申請方法

  「授業料免除等申請書」に各種証明書などを添えて申請してください。
  免除期間は、その申請した学期に限られていますから、次の学期も引き続き希望する場合は新たに申請しなければなりません。

 

2.申請先

  教務学生課
 

3.申請期限

  前期:4月中旬
  後期:10月中旬
※ 授業料は各期ごとに定められた時期に納入しなければなりませんが、授業料の免除等を申請した者については、審査結果が出るまでの期間は徴収猶予となります。

 

(4)授業料未納による除籍
1.除籍について

  授業料の未納者に対して納入の督促を行いますが、それでも授業料を納入しないときは、下表に定める日付をもって当該未納者は除籍となりますので十分注意してください。
  除籍となった者の在学の最終日付は、既に授業料を納付した学期の末日となります。
 

対象学生 対象授業料 納入期限 除籍日
徴収猶予以外の学生 前期分 4月30日 9月1日
後期分 10月31日 3月1日
徴収猶予学生 卒業期でない学生 前期分 9月15日 9月30日
後期分 3月1日 3月15日
卒業期にある学生 前期分 9月15日 9月30日
後期分 2月1日 2月15日


※「徴収猶予学生」とは、授業料の徴収猶予や減免申請をした学生をいう。

 

2.復籍について

 除籍となった者から、前期授業料にあっては9月30日までに、後期授業料にあっては3月31日までに 当該除籍事由となった未納の授業料を納付して復籍の願い出があった場合は、同一人について1回に限り、復籍を許可する場合があります。