学長あいさつ

理事長・学長メッセージ

青森県立保健大学  学長

上泉 和子

 

本学は人々の健康と生活の質の向上を掲げ、「いのち」を育んできた四季豊かな自然に恵まれた青森の地で、地域特性を生かしたヒューマンケアを実践できる人材の育成を理念としています。「人間性豊かな人材の育成」、「保健、医療及び福祉の発展に寄与できる人材の育成」、「地域特性へ対応できる人材の育成」、「グローバルな視野をもって活躍できる人材の育成」、「地域社会への貢献」の5つを使命として、1999年に看護学科、理学療法学科、社会福祉学科の3学科で開学しました。2003年には大学院博士前期課程を、2005年に博士後期課程を開設し、2008年に公立大学法人に移行するとともに、栄養学科の新設、ならびに理学療法学科・社会福祉学科の入学定員増を行い、現在に至っています。

 

ヒューマンケアとは、ケアの提供者が知識や技術を磨き、さらに、人間とは何かを理解し、健康な人から病気や障害をもった人々まで、心の痛みを感じとる思いやりと温かさを持って寄り添うことです。保健医療福祉の高度の知識や技術を得られるよう、また人としての成長につながるよう多彩なカリキュラムが準備されています。これらは必ずや皆さんの知的好奇心をかきたてることでしょう。知的好奇心に誘われて未来に向けてたくさんの挑戦をしてください。

 

本学健康科学部では、平成30年度から新カリキュラム“青い森のカリキュラム”がスタートします。また、大学院は、他職種連携や学際的研究を推進するため、平成29年度から新しいカリキュラムとして生まれ変わりました。その中心となるキーワードは、“健やか力(ヘルスリテラシー:Health Literacy)”です。“健やか力(ヘルスリテラシー)”とは、健康になる力、健康でいる力、を意味します。新カリキュラムでは、これらを学ぶ科目を充実させ、“健やか力(ヘルスリテラシー)”の向上をサポートできる人材の育成を目標にかかげ、取り組んでいます。本学に入学したみなさん自身がヘルスリテラシーを身につけ、そして、人々の“健やか力(ヘルスリテラシー)”向上をサポートする役割を担っていってほしいと思っています。地域の健康を向上させるために、私たちは挑戦してまいります。

 

さて、本学は平成30年度に開学から20年目になります。20周年のメインテーマは、「健康とともに20年 -未来につなぐ地域の健康-」です。これを一つの節目とし、今後ともより一層、地域の健康と福祉の未来をリードする大学として邁進してまいります。

ページの先頭へ

ホームへ戻る