奨学金・授業料減免制度等

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構では、 人物・学業ともに優れた学生であって経済的に修学が困難な学生に対して奨学金を貸与しており、 概要は下記のとおりとなっています。 
 

在学採用

大学入学後に奨学金の貸与を申し込みたい方(在学採用)を対象に毎年4月に説明会を行います。 
 

予約採用

入学の前年度に奨学金採用候補者に決定の方 (予約採用候補者)は、 大学入学後、「進学届」 を提出する必要があります。
 

緊急採用(第一種)・応急採用(第二種)

主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気、死亡等若しくは火災、風水害等の災害等により家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、随時申込みを受け付けています。ただし、家計が急変した事由が発生した月から12 ヶ月以内である場合に限り申し込み可能です。緊急採用はその年度末まで、応急採用は標準修業年数が終了するまでの期間について奨学金の貸与を受けることができます。
 

奨学金の種類

奨学金の種類 第一種 奨学金
[在学採用・緊急採用]
第二種 奨学金
[在学採用・応急採用]
貸与月額 学部 自宅 30,000円、45,000円から選択 30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、 120,000円の中から選択。
自宅外 30,000円、51,000円から選択
大学院 博士前期 50,000円、88,000円から選択 50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、 150,000円の中から選択。
博士後期 80,000円、122,000円から選択
利子 無利子 有利子(年3%以内)
貸与対象者 特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者 第一種奨学金よりやや緩やかな基準となっており、一定の成績及び所得条件を満たす者

 

その他の奨学金

日本学生支援機構以外の奨学金で本学に募集があったものについては学内掲示で周知しますが、地方公共団体や民間団体などが独自に募集するものについては、各団体へ直接お問い合わせください。

 

授業科の減免等

経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業が優秀であると認められる者、その他特に必要があると認められる者については、授業料の全部若しくは一部を免除し、又は徴収を猶予する制度があります。

ページの先頭へ

ホームへ戻る