成績評価とGPA制度

(1)評価と評点

 それぞれの授業の科目の成績評価は、「授業要綱」(シラバス)の各頁に、「成績評価方法」として記載されています。
 各セメスターが終了し、成績登録が終了すれば、事務支援システムの画面上から各個人の成績が確認できます。

判定 合格 不合格
評価 A B C D E
評点 100~80点 79~70点 69~60点 59~40点 39点以下

 

(2)GPA制度について

【GPA制度とは】

世界標準的な大学での成績評価の方法。欧米の大学で一般的に使われており、留学の際など学力を図る指標となる。公平な成績評価指標として導入する大学が増えている。

科目毎の評点に応じたポイント(Grade Point=GP)にその科目の単位数を乗じた値の合計値を、履修総単位数で除し算定する。

 

GPAの算定方法

・GP (評点-55)÷10(≧0)  ※0.5未満は切捨て
       
・GPA (科目のGP×単位数)の合計  
総履修登録単位数  
       ※小数点第3位以下は切捨て

【例】

 人間総合科学演習(2単位)75点、人間関係とコミュニケーション(2単位)78点、健康科学概論(1単位)60点、実践基礎看護技術I(2単位)59点である場合

GPA= 2×2+2×2.3+1×0.5+2×0 =1.30
2+2+1+2

 

GPAの使用目的について

学生に通知することにより学習意識の向上・啓発を図るとともに、授業料減免における学力基準判定等に用います。

 

通知方法

事務支援システムWeb成績照会画面において評点、評価とともに表示します。

 

留意点

 再履修、再受験により履修する科目については、GPA算定上評価を上書きするのではなく、不可となった評価部分も算定します。
 以下の科目は対象外となります。
a  既修得単位認定科目及び学外で単位取得する科目
b

 a以外の科目で、その科目の性質上GPAの対象とすることが適当でない科目。
・人間総合科学科目
English Communication

・健康科学部専門科目
除外科目は設けない
・看護学科
保健学コース
助産学コース
・理学療法学科
卒業研究
理学療法演習
初期総合臨床実習
総合臨床実習
臨床評価実習
臨床基礎実習
・社会福祉学科
除外科目は設けない
・栄養学科
栄養教諭科目群

   

 

ページの先頭へ

ホームへ戻る