国際科講演会 開催の御案内

平成30年度国際科講演会

この度地域連携・国際センター国際科の事業として、一般県民を対象に講演会を開催いたします。

 

テーマと内容

「和食はどこから来たのか? ー伝来して定着した農作物と調理ー」

ユネスコの無形文化遺産として登録されている「和食」。日本の誇れる文化である和食ですが、その食材の中でも野菜や果物は、日本固有のものはほとんどなく海外から入ってきて根付いたものが多いのです。調理法も古代から海外の影響を受けていることをご存じでしょうか。

この度の国際科講演会では、食の観点から、海外とのつながりを考えます。

 

講師

小川 聖子氏

神奈川県出身/料理研究家・食文化研究家

聖徳大学准教授/女子栄養大学・人間総合科学大学非常勤講師/博士(学術)・食文化論専門

 

現在日本に残っている伝統文化と、その調理法、地域文化について、研究を続けている。また、科学的理論に基づいた料理を、一般家庭に広めるべく、調理関係の仕事に携わってきた。著作「女子栄養大学の50からのいたわりレシピ」「食と健康の科学」(共著)など多数。

 

日時・会場

平成30年10月27日土曜日 13時30分から15時まで

青森県立保健大学 A棟1階 A111教室

 

申込方法

以下の申込書を御利用の上、ファクスまたはEメールで10月19日金曜日までにお申し込みください。

参加は無料です。

申込先 ファクス017-765-2021 Eメールgaikoku@auhw.ac.jp

申込書に御記入いただいた個人情報は、本学にて厳重に管理し、第三者には提供いたしません。

メールでお申し込みの際は、件名に「国際科講演会参加」と御記入の上、御氏名と御連絡先をお知らせください。

国際科講演会チラシと申込書(PDF版)PDFファイル

 

その他

1 参加決定通知は行いませんので、参加申込後、特に通知がない限り参加が決定されたものとしますので、あらかじめ御承知おきください。

2 来学の際は公共交通機関の御利用に御協力ください。近隣商店等への無断駐車は固くお断りします。

3 県立保健大学は、建物内外を問わず禁煙となっておりますので、御協力をお願いします。

ページの先頭へ

ホームへ戻る