社会人教育

社会福祉研修について

本学では、平成18年度から社会福祉施設従事者および社会福祉行政従事職員を対象とした社会福祉研修を実施し、本県の代表的な社会福祉研修機関としての役割を果たしてまいりました。

これも、皆様方の御協力の賜物と、深く感謝申し上げております。

 

さて、本学は、平成20年4月に独立行政法人化し、新たなスタートを切りましたが、地域貢献活動を積極的に展開し、地域における保健医療福祉分野の人材育成に重点的に取り組むために、「地域連携・国際センター」を設置し、地域における保健医療福祉分野の人材育成研修に重点的に取り組んでおります。

社会福祉研修事業につきましても、この取組の一環として、引き続き青森県から委託を受け実施しているものです。

 

今後とも本学の有する教育・研究機能を生かし、良質で福祉の現場のニーズに即した研修機会を提供していくことによって、本県の社会福祉を一層向上させるための一翼を担いたいと願っております。

また、研修内容のさらなる充実を目指し、地域に貢献していきたいと存じておりますので、各種研修に対して皆様方の積極的な御参加をいただくとともに、研修事業のあり方について、忌憚のない御意見を賜れば幸いと存じますので、引き続き御支援、御協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成29年度年間計画はこちらPDFファイル(67KB)

社会福祉研修(一般研修)のご案内
社会福祉主事資格認定講習会について

 

認定看護管理者教育課程について

看護師の資格認定制度のひとつとして認定看護管理者制度があります。

認定看護管理者制度では、認定看護管理者となるための教育課程として、ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベルの3つを定めています。

青森県立保健大学地域連携・国際センターは、セカンドレベルとサードレベルの教育機関として認定され、平成17年にはセカンドレベルを、平成20年にはサードレベルを開講しています。

セカンドレベルのご案内
サードレベルのご案内

 

認定看護師フォローアップセミナーについて

救急看護認定看護師教育課程、がん化学療法看護認定看護師教育課程の修了者に対し、最近話題の情報や課題解決のためのセミナーを開催しています。

なお、認定看護師更新審査時の「研修プログラムへの参加」として、ポイントの付与を申請することができます。

認定看護師フォローアップセミナーのご案内

 

特色ある独自の研修について

青森県立保健大学地域連携・国際センターでは、研修科助成事業として、県内の保健医療福祉分野の専門職の資質向上に資するため、本学教員が企画・実施する研修を支援しています。

教員は、地域の専門職と日常的に連携しており、最新の研修ニーズを把握し、相手の立場に立った各種研修企画を実施しています。

医療通訳養成研修のご案内
カウンセリングの新たな展開と対人援助スキルの向上のための研修会

ページの先頭へ

ホームへ戻る