学部長あいさつ

 青森県立保健大学の最大の目的は,人間をよく理解し,人の心に寄り添うことのできる,「ヒューマンケア」の精神を持った保健・医療・福祉の担い手を育成することです。本学では看護,理学療法,社会福祉,栄養という,いずれも人々の健康の維持・増進に寄与する4つの領域の学科を擁しており,それぞれの領域で専門的な知識と実践力を身に着けられるよう,充実したスタッフで教育が行われています。加えて,共通の目的を持つ4学科があるという強みを生かして,4学科共通科目を通して各専門領域で連携や協力ができる能力を育成する教育プログラムを用意しています。

 

 また私ども教員は,学習の中で自ら問題点や課題を見つけ,それを解決する能力,さらには未解決の問題を探求する力も養ってほしいと思っています。さらに研究したい方のために本学には大学院も設置されています。

 

もちろん大学生活は勉学が全てではありません。学友との交流,様々な部活動,ボランティア活動など,色々な経験を通して有意義な学生生活を送ってください。自然豊かな青森の地で暮らし,地域の人々と交流することは貴重な経験となるでしょう。

 

健康科学部長

神成一哉 教授

 

医師,医学博士。

青森県出身。弘前大学医学部卒業後,同附属病院,青森県立中央病院等に勤務後,平成20年(2008年)より青森県立保健大学に勤務。

専門分野は内科学全般,特に神経内科学。

ページの先頭へ

ホームへ戻る