4学科連携

将来の”チーム医療”につながる4学科連携

本学では、看護学科・理学療法学科・社会福祉学科・栄養学科の4学科が連携しながら展開する「学部科目(必修)」を設けています。

1年次には、4学科共通の「健康科学概論」・「健康科学演習」を、4年次には4学科の学生が1つのグループとなって取り組む「ヘルスケアマネジメント論」・「ヘルスケアマネジメント実習」があります。

医療・保健・福祉施設の具体的な事例を調査し、各分野が専門性を生かしつつ連携を考えるもので、将来のチーム医療につながる科目です。

 

健康科学概論・健康科学演習 [1年次前期]

保健福祉活動の基本理念や健康科学の基本的な考え方について学習し、他職種との連携の基盤づくりをねらいとした科目です。演習では、実際に地域の人々の生活や健康の考え方にふれるフィールドワークを行います。

連携のための基礎技術(グループワーク、コミュニケーションなど)を体験的に理解します。

 

健康科学演習

 

 

1年次では、専門科目の一つとして健康科学演習があります。

 

 

ヘルスケアマネジメント論 [4年次前期]
ヘルスケアマネジメント実習(実習) [4年次後期]

ケアを必要とする人々のニーズと社会資源を結びつけるケアマネジメントの理念と基礎知識、具体的な展開方法や保健・医療・福祉職間の連携のあり方について理解します。

演習では、実際の事例を通したグループワークを行い、各専門領域の専門性と独自性の理解を深めます。

最終的には保健・医療・福祉の連携・協働ができるような包括ケアの能力を身につけます。

 

ヘルスケアマネジメント論

 

 

4年次ではケアマネジメントの理念と基礎知識、具体的な展開方法や保健・医療・福祉職間の連携のあり方について理解します。

ページの先頭へ

ホームへ戻る