在校生の声

地元に根差した社会福祉活動で、地域を活発に!

岩手県立不来方高等学校 卒業

社会福祉学科 2年

小笠原 幸大さん

私は将来、人の役に立つ仕事をしたいと思い、進学する大学を考えていました。

具体的な職については決めていませんでしたが、様々な人の役に立つことができ、また、地元に根差した活動を通して、地域を活発にしていくことができる社会福祉学科への進学を決めました。

 

1年次の講義では、社会福祉の歴史や役割、制度などの基礎知識などを学びました。

また、学外への実習や他学科との交流もあり、社会福祉やその他の分野への理解が深まります。

 

私はサークル活動で野球サークルに所属しており、社会人が参加する大会に参加し、優勝を目指して頑張っています。

キャンプや色々なイベントもあり楽しくサークル活動をしています。また、他学科の学生や先輩も多く、私生活や大学生活で困ったことがあるときは何でも相談することができます。

 

自分の夢に向かって真っすぐ進むことができ、周りの友達、先輩、先生方たちのしっかりとしたサポートが受けられるところが、この大学のいいところだと思います。

 

自分の家族が困っている時に、はじめて社会福祉士の存在の大切さを知りました。

青森県立五所川原高等学校 卒業

社会福祉学科 3年

新岡 健弥さん

私が社会福祉学科への進学を考えるようになったのは、高校2年生の冬頃でした。

それまではずっと小学校か高校の先生になりたいと考えており、社会福祉学科のことは全く考えていませんでした。

 

この学科の受験を考えるようになったきっかけは、家族が困っている時に支援をしてくれた病院の社会福祉士の存在でした。

どうすればいいか分からず、困り果てていた家族に、利用していなかった制度の存在や、様々な手続きについて説明をしてくれて、家族は本当に助かったと言っていました。

 

私はそのことがきっかけで、社会福祉士に興味を持ち、自分もまた同じように困っている人の支援をしたいと考えるようになりました。

教師になるか、社会福祉士になるかを決めることは簡単ではありませんでしたが、今では社会福祉学科に進学してよかったと考えています。

 

専門的な講義や演習、実習を通して自分が成長している事を実感でき、将来の夢へ向かって励むことができています。

 

生活に困っている人たちが、自分らしく生活できる社会福祉をめざして。

青森県立青森北高等学校 卒業

社会福祉学科 4年

佐藤 綾香さん

私は、高校生の時から福祉を通して祖父母のように生活に困っている人を支えたいと考えていました。

地元にある本学のことを知り、どんなことを学べるのかを調べオープンキャンパスや大学祭に参加しました。

そして、この大学でなら将来、祖父母や生活に困っている人を支えられるために必要なことを学べると感じ、本学の受験を決めました。

 

社会福祉学科では、講義を通して社会福祉に関係する法律、制度、理論、援助技術などを学んでいます。

演習ではコミュニケーション技法や面接技術をやってみたり、他の学生と意見交換をしたりして学びを深めています。

 

3年次の実習では老人保健施設で実習を行い、利用者を支援するために必要な知識や技術、他職種との連携等、実践でしか学べないことも経験しました。

実際に利用者と関わらせていただいたことで、相手の立場に立って物事を見る事や気持ちをくみ取り共感することの大切さを学びました。

 

現在の私の目標は、生活に困っている人が自分らしく生活できることを支えられる社会福祉士、精神保健福祉士になることです。

そのためには、専門的なことを学べる環境が整っている本学で勉学に励み、たくさんの人と関わって人としても成長していきたいです。

ページの先頭へ

ホームへ戻る