「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)

授業紹介

講義や実習の様子を紹介!
各専門職、機関との連携やネットワークについて幅広く学べる講義は、視野を広げ、専門性を高める上で役に立っていると思います。特に印象に残っているのは「ソーシャルワーク実習」。私は児童養護施設で実習を行ったのですが、児童分野を取り巻く現状や支援について学ぶことができました。

 

社会福祉基礎実習Ⅰ
社会福祉基礎実習Ⅰ
 社会福祉実習に必要な基礎的技能を獲得し、現場にかかわる利用者・従事者・施設や機関に関しての基礎的理解をはかります。これらを通じて、社会福祉実習の意義・意味を主体的に考える契機とします。
ソーシャルワーク論Ⅰ
ソーシャルワーク論Ⅰ
 ソーシャルワークの意味、他者を援助するとはどういうことなのか、考えていきます。歴史的な展開を考えることで、今日のソーシャルワークの実践的・理論的枠組みを理解していきます。
ソーシャルワーク演習Ⅱ
ソーシャルワーク演習Ⅱ
 演習を通して、人権尊重、権利擁護、自立支援、在宅生活支援について理解を深め、行動できるようにします。
臨床心理学
臨床心理学
 臨床心理学はいわゆる「心の問題」を抱えた人々に対する心理療法(カウンセリング)の実践を通じて形成されてきました。この授業では、受講者が、実践に由来する臨床心理学の見方、考え方を理解し、自分の身についたものとすることを目標とします。
ソーシャルワーク実習指導
ソーシャルワーク実習指導
 ソーシャルワーク実習における事前、事後の指導を通じて、実習の課題、計画、問題意識を明確にします。福祉専門職としての感性、自己覚知、記録、利用者との援助関係の持ち方などについてスーパービジョンを受けます。写真は実習内容の発表の様子。
社会福祉研究演習Ⅰ
社会福祉研究演習Ⅰ
 社会福祉問題の実態を分析し、判断していく問題意識や分析能力を養い、解決手段としての幅広く柔軟な知的研究能力を養います。
 担当者は、それぞれの専門分野や視点から、個々の方法で演習を展開していきます。

 

集合写真