卒業生の声

精神保健福祉士として、患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら相談支援をしていきたいと思っています。

社会福祉学科卒業生

室館 洋史さん

平成21年3月 卒業

一部事務組合下北医療センターむつ総合病院

メンタルヘルス科医療相談室 勤務

高校時代は「人の心」に興味があり、センター試験後、進路について悩んでいたところ、青森県立保健大学の社会福祉学科で精神保健福祉士の受験資格を取得することができると知りました。

精神保健福祉士の業務内容を調べ興味を持ち、巡り合わせだと思い受験を決めました。

 

入学当初は初めての1人暮らしでウキウキしつつも、大学でうまくやっていけるか心配だった記憶があります。

同期と打解け、サークル活動を行なうことで、先輩や後輩とも関わる機会が増え、大学内外での交流など楽しみも増えていきました。

 

授業では福祉の理論や援助技術等の講義がありましたが、範囲が広く大変でした。

しかし、範囲が広いことによって興味・関心の幅が広がり、それらを伸ばすことができたと思います。

精神保健福祉士、社会福祉士の資格取得の際には教員のサポートに加え、少人数で気の知れた同期生がいたからこそ学科一丸となった試験勉強ができたと思います。

 

卒業後はむつ総合病院に就職し、一般病棟担当のMSW(Medical Social Worker)として配属された後、現在はメンタルヘルス科病棟担当のPSW(Psychiatric Social Worker)として勤務しています。

業務内容は、患者さん、ご家族、関係機関からの各種相談や退院調整等、多岐にわたります。

1人で完結する仕事ではないため、院内関係者や外部関係者と連携しながら支援を行っています。

 

今後も患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、その思いを尊重しながら、少しでも希望される生活に近づけるよう相談支援を行っていきたいです。

 

障害を持つ子どもたちへの支援を通して、私自身も成長していきたいと思います。

社会福祉学科卒業生

佐藤 七彩さん

平成28年3月 卒業

障害児入所施設 八甲学園 こども支援課 勤務

大学4年間はあっという間に感じますが、思い返すと多くの学びと人との出会いがあり、自分が成長できた4年間でした。

青森県立保健大学では講義以外にも演習形式の授業や、他学科の学生と合同で受ける授業が多く、沢山の人と関わる機会があります。

 

他にもサークル活動やアルバイト、ボランティア活動等で多くの人と関わることで自分の視野が広がり、濃密な大学生活を送ることができました。

卒業した今でも大学時代の仲間と連絡を取って会うことも多く、付き合いが続いています。

 

私は、「子どもに関わる仕事がしたい」と漠然とした思いで大学に入学したのですが、大学で勉強していく中でより福祉の世界で働くことについて現実的に考えることができました。

特に印象に残っているのは、児童養護施設での実習です。

それまで私が思い描いていたよりも子どもに関わる仕事は大変なもので、子どもたちの将来も見据えていかなければいけない覚悟が必要な仕事であると感じました。

 

私は現在、障害児入所施設で支援員として働いています。

障害を持つ子どもたちが生活している中で支援をしていくのは、自分が想像していたよりも大変で難しいものです。

まだまだ勉強が必要だなと日々感じています。

 

大学時代に勉強したことや経験は、私が子どもたちへ支援していく上での基盤となっています。

大変なことも多い仕事ですが、子どもたちが楽しそうに過ごしている姿や成長していく姿を間近で見ることができるやりがいのある仕事だと思います。

これからも子どもたちへの支援を通して私自身も成長していきたいです。

ページの先頭へ

ホームへ戻る