「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)
トップ > 健康科学部 > 栄養学科 > 在校生の声

在校生の声


食事は、健康にとってとても大切なこと!
 

 栄養学科では栄養についてさまざまな面から勉強します。1年生では栄養の基礎になるような科目を中心に勉強しています。講義では、高校での生物の内容をさらに詳しくした内容や、身近な食品の特徴について学びます。1年生から白衣を着て実験をしたり、調理服を着て調理実習をしたりと、実技的な授業もあります。実験や調理実習は何人かの班で行うので、苦手な人も安心して取り組むことができます!学年が上がるにつれ、より管理栄養士の仕事に近いことを学べると聞いているので、今からワクワクしています。
 私は、高校生の頃から、食事が健康にとってとても大切なものであると思っていました。そこで、食生活が原因で悩んでいる人を助けたいとの思いから、栄養学科を志望しましたが、入学した時も具体的に管理栄養士として、どこで働きたいか明確に決まっていませんでした。現在は、学んでいく中で、こんな分野で仕事ができたらいいなと思うものがいくつかできました。これから、講義や実習を通して自分が就きたい仕事を具体的に決めたいと思っています。

秋田県立秋田中央高等学校 卒業

栄養学科 2年

守屋 瑠莉さん


地域の人々のための管理栄養士を目指して。
 

 大学では、解剖生理学や生化学などの人体に関する知識、食品学総論や調理学などの食品・調理に関する知
識、臨床栄養学や公衆栄養学などの専門的な栄養学に関する様々な知識について学んでいます。また、給食経
営管理実習では、大量調理を行い、実際に給食提供をすることで、実践力を身につけています。
 私は、青森県の短命問題について学び、何か地域の人々のために仕事がしたいと考えるようになり、今は、保健所や保健センターで働く管理栄養士を目指しています。将来、食事の楽しさ・大切さを伝え、自らの健康づくりを前向きに考える人々を増やしていけるような管理栄養士になりたいと考えています。
 サークル活動やアルバイトを通して、様々な人との交流ができるため、社会性も身につき、楽しく充実した日々を過ごすことができます。栄養学科は、レポートや課題が多く、大変ですが、みんな仲が良く、先生たちも親身に指導してくれるため、毎日笑いの絶えない環境下で、学び、頑張ることができます。高校生の皆さんも魅力いっぱいのこの大学で、一緒に楽しい大学生活を送りましょう。

青森県立青森東高等学校 卒業
栄養学科 3年

成田 晴蘭さん


幅広い分野で活躍する管理栄養士を、この大学で一緒に目指しませんか!?
 

 私は高校生の時に食べ物に携わる仕事がしたいと思い、管理栄養士を目指して保健大学に入学しました。管理栄養士は主に病院で働くイメージが強かったのですが、入学して福祉施設や学校、保健所、企業などで働く先輩も多いことを知りました。その為に授業も様々な専門科目があり、病態やライフステージなどによる食事の違いや特徴などの医療に関する授業に加え、スポーツ栄養学、調理実習、食品や栄養素、体組成に関する実験など医療以外の分野の授業もあり、学ぶことが多いですが、同級生と一緒に楽しく取り組んでいます。様々な経歴のある先生方と外部の講師の先生方から専門的な面白いお話をたくさん聞けるのでとても勉強になります。沢山の知識を得ることで、将来やりたいことを具体的に考えられるようになります。学業だけでなく、友達との友好も深め、学生生活を楽しんでいます。全力で学び、全力で楽しめる、そんな環境の中で、一緒に学生生活を過ごしませんか。

延暦寺学園 比叡山高等学校 卒業
栄養学科 4年

田中 秀汰さん