学科長あいさつ

看護の魅力

 看護は私たちの日常の生活のなかから生まれた専門職であり、基本的に生活する人々を対象とし、生命の誕生から死まで全ての時期にかかわります。そして、看護は、「生、老、病、死」という人生の大きな出来事のすべてにかかわってきます。人間がそこにいる限り、生活がある限り、看護の役割はなくなることはありません。このように生命を維持する日常的・習慣的ケアの実施を通して、その人の心身の状態を改善し、生きる力を引き出すのが看護です。

看護の魅力は、多くの人の人生の大きな出来事すべてにかかわり、そのかかわりの中から、人間のもつ力、家族の絆、地域社会のもつ力など、あらゆる関係性のなかで、生かされ、愛されて、豊かに なる人間ならではの魅力に触れることができ、お互いに成長できるということだと思います。

看護学科教員一同、皆さんを歓迎し、高度な専門性と豊かな人間性を備えたヒューマンケアのできる看護職として成長できるように支援します。一緒に人間として成長していきましょう。

 

看護学科長

鳴井ひろみ 教授

青森県出身。

病院や教育機関での勤務を経て

2000年4月より青森県立保健大学勤務。専門分野:がん看護学、看護学博士。

ページの先頭へ

ホームへ戻る