在校生の声

広い視野と目的を持ち、理想の看護師像を目指しています!

青森県立弘前中央高等学校 卒業

看護学科 2年

渡邊 奈那夏さん

私が看護師を目指そうと決めたのは高校生になってからです。

看護体験に参加したとき、患者さんと目線を合わせて優しい表情で話す看護師をみて、患者さんを一番近くで支え、安心させられるような看護師になりたいと思いました。

 

私はがん看護に興味があったため、大学院も含めてがん看護の教育に力を入れているこの青森県立保健大学に進学しました。

一年生では、看護の基礎となる科目で人体構造や基礎的な看護技術を学んでいます。また、病院実習では現場の雰囲気を学び、より明確なイメージを持って講義や演習に取り組むことができるようになりました。

 

さらに4学科合同の講義や演習では、看護以外の学科の人の考え方や物事のとらえ方を知り、視野を広げることができたと感じています。

講義や演習は大変なことも多いですが、親身になってくれる先生方や同じ学科の友達、サークルの先輩方に囲まれ、忙しくも充実した日々を送っています。

 

まだまだ学ぶことばかりですが、広い視野と目的を持ち、理想の看護師像を目指して主体的に学んでいきたいと思います。

 

 

短命県返上!将来は、そのための支援がしたいと思います!

青森県立青森東高等学校 卒業

看護学科 3年

石田 海徒さん

高校入学後、医療関係の仕事に就きたいと考えていました。

進学し、看護師という職は幅が広いということを知りました。

 

それは、看護師として病院で働くだけでなく、保健師という職にも就くことができることです。

病気にならないための予防や支援が必要な人にアプローチし、地域全体の健康づくりをするのが保健師です。

 

青森県は、日本一の短命県です。青森県出身として、将来は、保健師として短命県返上の支援がしたいと思っています。

今は看護過程を学んでいます。

看護過程には5段階があり、その段階を踏むことで、患者さんに安全・安楽な看護を提供できるようになります。

難しいですが、根拠をもって分析する力が専門職には必要だと感じています。

 

私が伝えたいことは、看護師は幅広い職であるということです。

看護に興味がある人はもちろん、今まで看護に興味がなかった人も看護師という職に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。

自分に合った仕事が見つかるきっかけになるかもしれません。

 

 

親身に向き合ってくださる先生方や、仲間に励まされ毎日、頑張っています!ぜひ、一緒に大学で学びましょう!

青森県立青森高等学校 卒業

看護学科 4年

勝野 央子さん

私は母や姉の影響から看護職を目指しましたが、入学当初は内心自分にはむいていないのではないかと思い、悩んでいました。しかし、講義や実習を通して実際に患者さんと接していくなかで看護の魅力を感じていきました。

看護学科では実習を通して一年生のうちから病院の雰囲気を味わい、早くから看護についてのイメージをもつことができます。

 

三年生になると実習の数が増え、ハードな毎日でしたが、同じ目標に向かい一生懸命に頑張る仲間や学生一人ひとりと親身になって向き合ってくださる先生方に支えられ、たくさんの学びがある充実した実習となりました。

看護は患者さんを多方面から理解し、その人らしく生きていくための援助を考えます。

そこには個別性があり難しさを感じますが、実際に患者さんの笑顔や元気になっていく姿をみて嬉しさややりがい、看護の楽しさを感じることができました。

 

また患者さんの価値観や考え方に触れたり現場で働く看護師の方の講義もあり、自分の考え方や人生について考え、そして自分が目指す看護をじっくり考える良い機会となっています。

保健大学ではたくさんの経験や学びから、医療職を目指す私たちが成長できる環境が整っています。

ぜひ、保健大学での学生生活で看護の魅力を感じ、一緒に目標に向かって頑張りましょう!

ページの先頭へ

ホームへ戻る