卒業生の声

大学生活は社会人になる前の練習の場! 入学したら、勉強も遊びも全力で取り組もう!

理学療法学科卒業生

後藤 大樹さん

平成28年3月 卒業

青森慈恵会病院 勤務

高校生の皆さんは受験勉強や自分の将来についてたくさん悩まれている時期だと思います。

私も高校生のとき、同じような悩みを抱えていましたが、将来の夢とはなかなか決められないです。

決して焦らずじっくり悩んでくださいね。

 

皆さんは大学生活にどういったイメージを抱いているでしょうか。

大学の勉強は高校の時とは違い、わからない専門用語だらけで内容も難しく、私は正直とても苦労しました。

しかし、大変なことばかりではありません。

サークル活動や他学科との交流も豊富なので、楽しいこともたくさんあります。

 

私が大学生活を乗り越えられたのは、同期の仲間や先輩後輩、周囲の方々の支えがあったからこそです。

これからも大切にしたい仲間たちを見つけられただけでも、私にとっては大きな財産だと思っています。

皆さんも大学に入学したら、勉強も遊びも全力で取り組めば、きっと充実した大学生活が送れるはずです。

 

私は現在、けがや病気、手術後間もない患者さんを受け持つ急性期病棟で働かせていただいていますが、まだまだ理学療法士として、また社会人として至らない点だらけです。

職場でも学生時代同様、周囲の方々に支えられています。

 

大学生活は社会人になる前の練習の場だと思っています。

私は青森県立保健大学でそのいろはを学び、今充実した毎日を過ごしています。

もし理学療法士になりたいと思っていただけたら、ぜひ皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

 

初めての一人暮らしで不安でしたが同じ志をもった仲間たちと日々、勉学に励み理学療法士の資格を得ることができました!

理学療法学科卒業生

土岐 のどかさん

平成27年3月 卒業

社会福祉法人 青森社会福祉振興団 みちのくデイケアセンター 勤務

私が理学療法士を志したきっかけは、小学生の時に祖父が脳梗塞を発症したことでした。

祖父と一緒にリハビリとして散歩をしていたことから「もっと元気に歩いていて欲しい」と思い、祖父のように地域にいる高齢者の方々のために貢献したいと感じ、そこから理学療法士という職種を知り、将来の夢となりました。

 

理学療法士となるために、また4学科での合同授業を通して他職種間の連携を学びたいと思い、入学した保健大学での4年間は、初めての1人暮らしでの不安や、専門分野を学び身につける大変さ、勉学の傍らのアルバイトでの苦労など、これまで知らなかったことだらけでした。

しかしそれ以上に、同じく理学療法士を目指す友人と過ごし高め合う楽しさや、夢へ近づいているという期待感など、多くのことを感じながら日々勉学に励み、理学療法士の資格を得ることができました。

 

私は今、通所リハビリにて地域の高齢者の方々がより元気に在宅生活を送ることができるよう支援をしています。

他職種だけでなく利用者様のご家族とも関わることが多く、また利用者様方が高齢であるために身体機能の維持が主体となりリハビリテーションの効果が分かりにくい場合もあり、苦悩の連続ではありますが、利用者様から頂く笑顔や温かい言葉が励みになっています。

 

まだまだ知識・技術・経験など至らないことが多いですが、向上心は持ち続けていきたいと思います。

皆さんと理学療法士として出会えることを楽しみにしております。

ページの先頭へ

ホームへ戻る