「すこやか力」ヘルスリテラシー向上サポート宣言

学部・大学院紹介

健康科学部

大学院

  • 健康科学研究科(博士前期)
  • 健康科学研究科(博士後期)

在校生の声


夢は地域に貢献できる理学療法士。

その夢を実現できる環境が、この大学にあります!
 

 保健大学の良いところの一つに「人」の良さがあります。明るく、気のよい仲間と過ごす時間はとても楽しいです。先輩や教員方との関わる機会が多く、悩みや心配事があれば色々と相談できるため、アットホームな感じです。もう一つの良さとしては適切なカリキュラム、充実した設備、熱心な指導のもとで学ぶことができる点です。この大学では一年生の頃からただ聞くのではなく、標本観察や充実した専門機器での演習が用意されており、知識と技術を磨く時間を十分に確保できるので意欲的に取り組むことができます。また専門知識の勉強だけでなく語学の勉強やゼミなど他学科との交流によってコミュニケーション能力を養い、広い視野を持てるようになります。理学療法士になるための勉強は楽とは言えませんが、保健大学に入り、このように恵まれた環境で四年間頑張れば夢を叶えることができると、僕は確信しました。保健大学受験をお考えの皆さん、ぜひここへ来て一緒にたくさんのことを学び、充実した大学生活を送りましょう!

北海道網走南ヶ丘高等学校 卒業
理学療法学科 2年
小林 凌太さん


知識や技術を学び、理学療法士を志す仲間と頑張っています。

 

 理学療法学科の授業は、座学を中心とした基礎的な学習から始まり、より専門的な学習へと進んでいきます。2年次は実技を交えた実践的な授業も増えて難しい面もありますが、自分の学びたかったことを学べる楽しさや充実感であふれています。また、先生の丁寧な指導、先輩からのアドバイス、共に学ぶ仲間たちが支えてくれます。全体の人数が少ないからこそ、同学科、同学年、サークル活動などでの人間関係が深く、そこから学べる事もたくさんありますし、大学生活の支えになっています。
 現在は、3・4年次に予定されている臨床実習に向けて、学んだ知識をしっかりと定着させることを目標に勉学に励んでいます。理学療法士になる夢を叶えても、学ぶ気持ちを忘れずに成長し続けるような理学療法士になりたいです。患者の人生に関わる職であることを学生である今から意識し、学ぶ姿勢を忘れないようにしたいです。

青森県立田名部高等学校 卒業

理学療法学科 3年

立花 まどかさん


勉強は大変だけど、熱心な先生や先輩たちが支えてくれます。
 

 本学では、理学療法を行う上で必要な解剖学や生理学といった基礎知識を学べるほか、実技を取り入れた演習系の科目が多いため、より実践的に理学療法を学ぶことができます。 また学内設備は豊富であり、ホットパックや電気療法といった物理療法に加え、あらゆる関節角度の筋力を測定することができる装置や、最大酸素摂取量を測定できるトレッドミルや呼吸代謝計などの様々な機器があります。これらの機器を実際に使用しながら詳しく学ぶことができます。先生方も私たちの勉強や実技の援助をしてくれますし、外部施設の方と触れ合う機会もあるので、在籍中でも貴重な体験をすることができます。
 今後の進路について、私は卒業後に理学療法士としてすぐに働くのか、大学院へ進学するのか決めていません。しかし、どちらの道においてもまだまだ勉強不足だと感じています。今よりも自主的に勉学に励み、より理学療
法について奥深く学びたいと思います。

青森県立青森東高等学校 卒業
理学療法学科 4年

八幡 大樹さん