主な就職先

  

 

就職対策支援

4年生にとってはもっとも身近な関わりを持つ卒業研究担当教員が、個別に助言・指導をしています。

また、就職対策支援チーム(学部就職対策委員1名と学科の教員4名で編成)では、卒業研究担当教員と連携をとりながら、情報提供やガイダンスの開催などを通して全体的に関わっています。

 

たとえば進路希望調査の実施では、希望する就職先や進学先を、それぞれの担当教員にお伝えし、県内定着への意識を高める関わりをしていただけるようお願いしています。

今後も、青森県就職支援センター講師の協力を得ながら行う就職活動ガイダンスや、低学年向けガイダンスの工夫などを充実させていく予定です。

 

社会の傾向として、就職後まもなく離職してしまう人が増えているようです。

人との関係を上手に築き、自ら問題に向き合い、解決していく精神力を、在学中から、私たちの支えを上手に活用し、たくましく羽ばたけるよう、力をつけていってください。

ページの先頭へ

ホームへ戻る