学生の保健

本学では、健康で快適な学生生活を送れるよう、健康診断や健康相談を行っています。

 

(1)健康診断

学校保健法に基づいて、毎年1回全学年を対象に定期健康診断を実施します。定期健康診断の結果、必要がある場合には、個別指導を行います。

また、病院等での実習開始前に、必要な検査等を実施します。


〔定期健康診断の検査項目〕

  • 胸部X線間接撮影
  • 心電図検査
  • 聴力検査
  • 尿検査
  • 血圧測定
  • 内科検診
  • 肝炎・感染症抗体検査

 

(2)予防接種

本学では全ての学科において実習があり、実習における感染予防等安全確保のため、学生は原則として、青森県立保健大学保健管理委員会で定められた予防接種については、特別の理由を除き全員の接種が臨地実習前に義務化されております。

必要に応じて保健室の保健相談員に相談してください。

 

(3)健康相談・メンタルヘルスに関する相談

本学では、皆さんの健康障害を予防するばかりでなく、心と体の積極的な健康づくりの支援をしています。

自分の心身のこと、家族や友人のこと、学習や進路、将来への不安、日常生活での様々な悩みはもちろん、ちょっと話したいことなどありましたら、気軽にご相談ください。

教職員、保健室保健相談員には随時相談ができます。

 

また、校医、産婦人科医、カウンセラーも配置し、支援充実を図っています。

こちらについては、保健室で事前に予約が必要となっています。

なお、相談内容など個人のプライバシーは固く守られますので、安心してご相談ください。

 

(4)応急処置

学内で気分が悪くなったり、けがをしたときの一時的な応急処置や保健指導が受けられます。

保健室の保健相談員に申し出てください。

 

(5)学生の傷害保険・賠償保険

学生が教育研究活動中の事故により身体に傷害等を被った場合の補償のための傷害保険及び、学外実習等で患者さんにケガをさせてしまった場合の補償のための賠償保険に加入していただいております。

詳細については、入学手続きの際に配付したチラシ等を参照するか、又は教務学生課までお問い合わせください。

ページの先頭へ

ホームへ戻る