災害用伝言板及びTwitterの活用

危機管理委員会

災害用伝言板の活用について

東日本大震災においては各種通信機能が使えない状況の中、携帯電話の災害用伝言板が災害の直後から利用可能でした。

このため、大規模な災害が起きた場合に本学ではこの災害用伝言板を活用し学生及び教職員の安否確認を行うこととしました。

 

イメージ図

 

利用方法

基本的には各社とも同じですが、機種により異なる場合があります。各自の携帯電話会社のホームページを確認してください。

 

1.否情報通知先を登録(一部の機種では利用できません。)

大学からお知らせする2つのアドレスを安否情報通知先としてあらかじめ登録します。

(平成29年度のアドレスは下表のとおり)
一度登録したアドレスは卒業までそのまま使い、卒業時に削除しましょう。

 

 

  所属 メールアドレス
1 看護学科1年生 saigai_kango_cg@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku1@docomo.ne.jp
2 看護学科2年生 saigai_kango_dg@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku1@docomo.ne.jp
3 看護学科3年生 saigai_kango_ag@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku1@docomo.ne.jp
4 看護学科4年生 saigai_kango_bg@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku1@docomo.ne.jp
5 理学療法学科 saigai_rigaku@ms.auhw.ac.jp
auhw zimukyoku2@docomo.ne.jp
6 社会福祉学科1・2年生 saigai_shafuku_bg@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku2@docomo.ne.jp
7 社会福祉学科3・4年生 saigai_shafuku_ag@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku2@docomo.ne.jp
8 栄養学科 saigai_eiyo@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku2@docomo.ne.jp
9 大学院 saigai_daigakuin@ms.auhw.ac.jp
auhw_zimukyoku2@docomo.ne.jp

 

 

もしも災害が起きたら・・・

2.災害用伝言板が利用可能か確認し、利用可能の場合は安否情報を登録しメールを送信する。

  1. 現在の状況を「無事です。」「被害があります。」「自宅にいます。」「避難所にいます。」の中から選択。(複数選択可。)
  2. コメント欄に以下を入力。(必須)
    学部学生…学科、学年、氏名
    大学院生‥・博士課程・修士課程の別、学年、氏名
    ※必ず入力のこと。コメント欄によりメール送信者を判別します。
  3. 事前登録アドレスに安否情報を送信する。
    ※お手持ちの携帯電話でこれらの機能を利用できない場合は、大規模な災害が起きたら大学がお知らせするアドレスに独自に安否情報をメール送信してください。

 

 

Twitterの活用について

Twitterに保健大学の公式アカウントを作成し、災害発生時や緊急時に緊急のお知らせ・連絡事項を掲載します。

各自でTwitterのアカウントを持っていなくてもURLのみで閲覧できますので、災害時・緊急時には、Twitterに緊急のお知らせ・連絡事項が掲載されていないか各自で確認してください。

※通信料がかかりますが、携帯電話からも閲覧できます。

夜間に災害等が発生した場合は、概ね朝7時頃にお知らせ・連絡事項を掲載する予定です。
 

青森県立保健大学Twitter公式アカウント

ページの先頭へ

ホームへ戻る